マーケティング思考を養い消費者起点で企画を考える 日清食品の人材戦略

share

人が資産と言われる広告界。人材育成は、広告界に属する企業に共通する重要課題だ。社員のスキルを伸ばし、成長を続ける企業に人材育成の方針を聞く。

日清食品 マーケティング部 松井俊輔氏

マーケティング思考を養い 消費者起点で企画を考える

日清食品では、これまでは入社1年目では営業に配属、営業を数年経験させてからマーケティング部に異動することが主だったが、2018年度より、マーケターを早期育成する目的で、入社1年目からマーケティング部に配属する試みを実施している。

その取り組みの1期生としてマーケティング部に配属された松井俊輔氏は、新任マーケター育成プログラムの一環で宣伝会議の「マーケティング実践講座」を受講した。

即日実務に生かせる内容 受講生との交流も刺激に

松井氏は「大学時代、特にマーケティングを専攻していたわけではなく、米国に留学した際にマーケティングを学びました。ただ、米国で学んだ内容は概念的な内容中心で、実践的な内容ではなかったため、本講座で実践的なマーケティングを学び、概念と実践をリンクさせることができました」と話す。

他の受講生との交流についても言及。「年次や扱う商材の異なる他社のマーケティング担当者が受講しに来ていて、一緒にワークショップに取り組んだことが非常に刺激になりました」。

印象に残っている講義は、デコムの大松氏が講師を務める、消費者のインサイトを探る講義だという。「実践的な内容を学んだため、すぐに業務に生かすことができました」。松井氏は、受講期間中から実務に変化が表れたと話す。

それまで商品企画をするときに「自分のつくりたいものをつくる」という意識を強く持っていたが、受講後は「まず消費者が求めていることは何かを考える」意識を強く持つようになったという。昨年度は「日清焼そばU.F.O.」の担当者として、油そばのお店に何度も足を運び消費者のインサイトを研究し、「日清焼そばU.F.O. 辛口ラー油マヨ油そば」を企画開発。消費者からも好評を得たそうだ。

松井氏は今後について、「消費者のインサイトを掴み、即席麺に限らず、何十年も消費者に愛され続ける商品を残していきたい」と語った。

松井氏が企画に携わった「日清焼そばU.F.O. 辛口ラー油マヨ油そば」(左)と「日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ」(右)。
すべての仕事に必要なマーケティング発想を身につけるために、日清食品さんが受講した講座は……
「マーケティング実践講座」でした
 
宣伝会議のマーケティング実践講座は今年で15年目、3000名以上の修了生を輩出。人気の秘密は、現場最前線の講師陣がサポートするグループ演習。実務の領域に迫るリアルな課題に取り組む中で、マーケティングへの理解を一層深めることができます。
 
<次回の開講日程>
講義日程:月曜クラス:11月25日(月)19:00 ~ 21:00
回  数:全10回
講義会場:東京・南青山
募集人数:60名
 
詳細はこちら
 
株式会社宣伝会議 教育事業部
E-mail:info-educ@sendenkaigi.co.jp
TEL:03-3475-3030
FAX:03-3475-3033
受付時間:9:00-18:00(土・日・祝除く/FAXは24時間受付)

Follow Us