コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

“遅咲き女優”という意識はなかった(ゲスト:桜井ユキ)【前編】

share

『マチネの終わりに』での役づくりに迫る

中村:そんなユキさん。11月1日から公開しております映画『マチネの終わりに』で主演の福山雅治さん演じるギタリストのマネージャー役でご出演。もしよかったら大まかなあらすじとユキさんがどんなことをやっているかとかを聞きたいんですけど。

桜井:映画は福山さん演じる蒔野というアーティストと、石田ゆり子さん演じる洋子というジャーナリストとのラブストーリーです。私は蒔野のマネージャーというポジションで、早苗という役を演じさせていただきました。

映画の序盤から蒔野さんに対して恋心というか、強く色々な感情を抱いていたんですけど、恋愛感情の方が強いということを自分で認識したがゆえに、2人の歯車を狂わせてしまう大きな出来事を起こしてしまいます。そのまま時間が経ちますが、黙っていることに耐えられなくなって後に打ち明けるんです。それが蒔野さんと洋子さん両方同時に。そこで、2人の恋愛がどう変化していくのかっていうのが描かれているんですけど。

早苗っていう役は2人にとって邪魔者ではあるんですけど、演じた私からすると、何も間違っていないとは思っていて。

澤本:ほうほう。

桜井:完成披露の舞台挨拶で観客の方に「早苗は許せますか?許せませんか?」っていう質問をさせてもらったんですけど、まあ大半が「許せない」と。

中村:おーそんなに。

桜井:「あの行動はないんじゃないか」っていう部分で、それはそうだなと思うんですけど。それでも私はなんかこう、すごくピュアというか、真っ直ぐというか。そこまで人のことを想うって、あまりできないと思うんですよ。そういう意味ではとても素敵な女性だなって思うんですよね。もちろん主軸は2人の恋愛のお話なんですけども。

澤本:この役、多分難しいの。やる人によっては本当に嫌なやつに見えちゃうんだけど、嫌いになれないんだよね。やってる行為自体は嫌な行為なんですよ。行為自体はそうなんだけど……。

権八:何をしたのか気になるね。

澤本:それを桜井さんが演じている姿を観ていると、あんまり嫌いになれないんだよね。

桜井:あー、それは嬉しい。

澤本:すごいバランスの上で成り立っているなと思って。

桜井:いやいやいや。ありがとうございます。

澤本:あとね、あの西谷弘監督がやっぱ福山さんに合ってると思ったね。『ガリレオ』シリーズもそうだけど。福山さんの演技と桜井さんの演技、もちろん石田さんとかの演者と監督が、こうなんていうか多分すごい凝り性で、詰めていってる絵というのがものすごい伝わってきて。僕だいたい恋愛ものってさほどのめり込んでは観ないんだけど、結構真剣に観て面白かった。

桜井:あー、嬉しいです。

澤本:お世辞ではなく。西谷さんっていう監督は素晴らしいなと思って観てましたけどね。

権八:映画のお話を聞いていると恋愛というか、人文学的なテーマに近いですね。ずっと煩悶し続ける。

澤本:そうそうそう。原作は佐渡島(庸平)君が出版を担当している……。

権八:あー、平野啓一郎さん。

中村:素晴らしいですよね。なんかこう、すごく切なくなる予感が。予感しかしないですね。

権八:桜井さんの役は桜井さんなりの正義と言うか論理というか。想っているがゆえにそうせざるを得なかったということですよね、きっと。何やったか知らないけど(笑)。

桜井:大人になってくると理性が勝っちゃうと思うんですけど、本当に理性で抑えられないくらいの想いで動いてしまったというのが早苗で。洋子さんは対極の位置にいるような、すべてを客観視することができる、本当にかっこいい素敵な女性なんです。なので洋子さんタイプと早苗タイプで分かれるんじゃないかなと思うんですけどね。

権八:いま話を聞きながら、思い出したんだけど。昔あったNASAの宇宙飛行士同士の不倫の事件って覚えてますか?

桜井:えー、なんですかそれ。

権八:なんか女性の宇宙飛行士が男性飛行士を好きになり過ぎてしまって、アメリカの端から端までおむつをはいて車ぶっとばして会いに行ったっていう(笑)。

中村:トイレにいく時間も惜しいと(笑)。

権八:すみません。全然そういう話じゃないと思うんですけど。

桜井:いやでも、そういう。そういうことだと(笑)。

中村:そういうことじゃないと思いつつ、そういう原理というか。

権八:根っこにあるのは、周りが見えなくてその人の中では正しいというか。とにかく愛だね。純愛。

桜井:そこまで想えるって、素晴らしいなって単純に思うんですけどね。おむつじゃないですけど(笑)。その1秒も惜しいという。

中村:桜井さんはちなみにありますか。おむつをはくほど燃えるような恋は?

桜井:いやちょっと、おむつまでは(笑)。

中村:おむつまではね(笑)。おむつ一旦忘れましょう。

桜井:もちろん学生時代から恋愛はしてきましたけど……。自分が出演した作品での恋愛模様を観たときに、うーんっていう。こういう恋愛があればすごく楽しみではありますし、いいなとも思うんですけど。ちょっとないのかなって。

中村:演技というか憑依するのも難しかったみたいなこともあります?

桜井:憑依?憑依っていうのが私いまいちよく分からないんですけど。でも早苗に関してはあまり悩まなかったっていうか。福山さんと最初お会いした時に大丈夫だなっていうのがすごくあって。

中村:演じているシーンていうか、頭の中で自分にできそうだなみたいな。

桜井:というより、早苗に蒔野を好きになり、支える気持ちが根本にないと…っていうのがあったんですけど。事前にリハーサルをしていく中で、福山さんの雰囲気だったり、人間的な魅力だったりを十分に好きになれるっていう自分の中での自信がありました。そういうものがあれば、大丈夫かなっていうのと、西谷監督と前回のドラマでもご一緒させていただいていたので、おまかせしてやっていけば大丈夫かなというのもあったので。

中村:『マチネの終わりに』観たくなったっしょ?

権八:観たくなった。

澤本:観たくなりましたよ。

中村:映画館に走りましょう!これ聴いたら。

桜井:ぜひ観てください!ありがとうございます。

<END>後編につづく


「すぐおわ」webサイトがアップデート!

過去の音声アーカイブがたくさん追加されました。
今まで出演いただいた豪華ゲストは、SHOWROOM前田さん、上白石萌歌さん、杉咲花さん、HIKAKINさん、細田守監督、箕輪厚介さん、などなど……。
仕事の合間や移動中など、ぜひ音声でも活字でも『すぐおわ』をお楽しみください!

▽「すぐおわ」webサイトはこちらから
https://www.tfm.co.jp/suguowa/

Follow Us