ガンプラの枠、11トンを回収 バンナム、22年もR計画実施

share

バンダイナムコエンターテインメントは、昨年4月1日から1年間実施したリサイクルプロジェクトで、プラモデルの部品を外した枠の部分=ランナーを、11トン回収したと発表した。目標比で110%の量となった。プロジェクトは継続し、2022年は、21年比136%の15トンを目指す。

集めた使用済みランナーで作成した、原寸大の「ガンダム」頭部 ©創通・サンライズ

「ガンダムリサイクルプロジェクト」の活動の一環。集めたランナーは、「ケミカルリサイクル」技術の実証実験に活用する。プラスチックのポリスチレンを化学的に分解し、その原料であるスチレンモノマーに戻す。

プラモデルの部品を切り離したあとの「ランナー」

バンダイナムコグループはほかに、使用済みプラスチックを破砕するなどして再利用したり、焼却時に生じる熱エネルギーでプラモデルの工場に電力を供給したり、といった取り組みを進めている。

ランナーは、バンダイナムコアミューズメントが運営するゲームセンター「namco」など、約200店舗に設置したボックスで回収。「ガンダムR(リサイクル)作戦」と題したイベントでは、昨年10月から1カ月間をかけ、イオンモールやマルイ、パルコほか全国30の商業施設を巡り、普及に務めた。イベントでは、は、約4万4000人に使用済みランナーや生産過程で出る廃材を原料としたプラモデルを配布したという。


 

Follow Us