コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

藤子不二雄Ⓐに影響を受けた子ども時代 創作につながる“原体験”が明らかに?!(ゲスト:TRICERATOPS 和田唱)【後編】

share

【前回コラム】ロックバンドをやっていてよかった。――新アルバムに込めた思い(ゲスト:TRICERATOPS 和田唱)【前編】

今週のゲストは、先週に引き続きTRICERATOPSのボーカル・ギターの和田唱さん。今回は創作の原点となった「藤子 不二雄Ⓐ作品」の思い出話や、子ども時代に影響を受けたという著名な父・和田誠さんとのエピソードも満載!

今回の登場人物紹介

左から、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、中村洋基、TRICERATOPS 和田唱。

※本記事は2022年5月1日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

バンドを離れ、戻ってきて感じたこと

中村:和田さんのインタビューを拝見すると、ソロをやられた時に「改めて“トライセラ”というものの価値を俯瞰するためにも、そこから一回離れたい」とおっしゃっていたと思うんですけれども……。

和田:そうですね。

中村:戻ってきたら、結構違う地平が見えたりしたんですか?

和田:やっぱり、バンドのいいところってありますよね。ジャケットに3人で並んで写っているのを見ると、「仲間なんだな」「チームなんだな」という喜びはありますよね。

中村:前にゲストでいらっしゃった時に、「再始動前の生配信のために、メンバーと飲み会を3回やった」みたいなことをおっしゃっていましたけど(笑)

和田: 最初、 久々に会ったら緊張しちゃってね(笑)で、飲み会を3回ぐらいやったらようやく馴染んできたかな。酒を飲んでるのに、みんなぎくしゃくしているというね。

権八:それって、何かあったんですか?

和田:いや、これといってはないんですけど……。僕は僕で思うところがありました。一応、バンドとして「TRICERATOPS」という名前を掲げてやるんだったら、それぞれが同じ熱量で向き合わないとイカンよ、と。で、僕としては同じ熱量で向き合えている感じがしばらくしなかった。だから、これは一回止めて距離を置こうと思ったんです。そんなわけで、問題提起をして終わっているから……。なんかね……。なんか、ヘンな感じだったな(笑)

一同:(爆笑)

中村:やっぱり、曲をつくられているのも大体が和田さんですし。おふたりも和田さんがどう出るのかな、というのを窺いながら飲んでいたんじゃないですかね?

和田:あ〜、なんかあるのかもしれないですね。「そんなこと、気にしなくていいよ」って感じで僕はいるんですけどね。やっぱり、どうしてもそうなっちゃうのかもしれないですね。

澤本:ははははは!

和田:気をつかうのはやめてほしいんですけど(笑)でも、ムリもないんですかね。

「原点回帰」でつくり上げたニューアルバム

中村:今回のアルバム『Unite/Divide』で、「よーし、アルバムつくるぞ!」っていう時は、結構スムーズにいったんですか?

和田:そうですね。僕が曲をつくり始めちゃっていたので……。あとは、僕が最初に弾き語りのデモを録って、それをふたりに投げて……「こんなの出来たよ、おれはこんなにやる気だぜ!」みたいなのを伝えていった形ですね。あと楽しかったのは、ウチに集まってアレンジを構築するデモテープをPCでつくったんですよ。狭い部屋で、男3人ですよ。もう、酸欠になりそうだったんですけど(笑)

澤本:ははははは!

和田:でも、それが良かったかな、と思いました。

澤本:その関係性って、学生っぽいと言えば学生っぽいじゃないですか?

和田:そうですよね。

澤本:なんか、初期に戻っているっていう点で、あの学生服を着てやっていた配信があるじゃないですか?

和田:あ〜、この間のやつですね!

澤本:あれを見ていたら、「みんな学生服が似合うな〜」と思いました。林幸治さんなんて、学生にしか見えなかった。

和田:あれね~。僕のはドンキの3000円のやつ。

一同:ははははは!

権八:コスプレですね(笑)

和田:そうです、コスプレ。林なんて、あれはちゃんとネットで買っている。2万円ぐらいするやつを普通に買っていましたね。それで、よしふみ(吉田 佳史)のは長男のやつで(笑)

澤本:ご家庭のものをお持ちになったと。

権八:それぞれの自己判断なんだ?!みんなで揃えればいいじゃん、せめて(笑)

一同:(笑)

「実は、おれが一番前だから!(笑)」

澤本:今回のアルバムジャケットは、黒バックに顔がポンポンポンって浮かんでいるもの。これはどういう意図があって?

和田:これは……。これじゃなかったんですよ、最初。

澤本:違ったんだ?

和田: 当初は、いわゆるグラフィカルなジャケットでした。『Unite/Divide』なので、水面がバシャーン!って荒れたものと、穏やかな水面がジャケットの中で両方並んでいるという。そういう、ストイックなジャケットだったんですけどね。その方向性で話がずっと進んでいたんです。そしたらデザイナーさんが、やっぱり中のブックレット用に僕らの顔写真も撮りたい、という話になったんですよ。
それは割とダークな感じで使う予定だから、そんなにハッキリとは写らないって話だったんですね。だから、スタイリングやヘアメイクは入れず、そのまんまの状態で行って、黒バックでソロで撮って……。最後に、せっかくだからと何パターンか3人の並びで撮ったんです。
で、ブックレットの中の写真は、ソロで撮ったものに加工を入れる予定だったんです。それから何日かして、仕上がったものがPCに送られてきたんですね。それを見た時に「あれ?こっちかもしれないな」って思っちゃったんですね。

権八:お〜、それは和田さんが?

和田:そうなんです。で、車の移動中、林に「どう思う?おれはやっぱ、こっちだと思うわ」って聞きました。それに対して「いいんじゃない」っていうことだったのでデザイナーさんに伝えて……。そしたら、「OKです!」と。そんなわけで、本当に直前でジャケットデザインが変わったんですよ。

権八澤本中村:へえ〜!

権八:(ブックレットの)この写真もイイですね。この照れてる感じの写真とか。

和田:ありがとうございます。そうです、砕けた感じの写真でね。

権八:で、3人の目線がこっちにきている真面目なカットがジャケットになったんですね。

澤本:でも、こういう写真って「トライセラ」ではこれまでなかったですよね?

和田:はい、なかったんですよ。

澤本: 今回、メンバーの並びには意図があるんですか?

和田:これ実は、「林さん、今回はセンターですねー!」とか言われるんですけど……。これは林が前にいるというよりは、実は遠近法で言えば、僕が一番前にいるんですよ。

一同:ははははは!

和田:林がセンターにいるんじゃなくて、僕が前っていう、ホントはね。つまり、この写真の露出を上げていくと、僕の肩が一番前にあって、林の肩は中に入っているんですよ。よしふみはさらに中に入っているから。僕が一番前にいるのに、なぜか並列に見えるんですよね……。

権八:なんか、不満なんですか?(笑)

一同:(爆笑)

和田:ふたりとも、でかいんですよ、体が。

中村:これはなかなか、リスナーには分からない話なんですけれども。

澤本:見てほしいわ~。

中村:CDショップに行ってブックレットを見てみると、3人が横に並んでいるようにしか見えない、と。

和田:そうとしか見えないですよね。これ、実際には3人が前後に並んで撮っています。で、僕が一番前にいるんです。

権八:目を細めると、黒いタートルネックを着ていますよね。

和田:そうなんですよ!それだけ指定があって。「黒いタートルを着てきてください」って。それで着ていったんですけどね。

権八:でも、全然テクスチャーが写っていないから、顔だけ浮いている感じに見える(笑)

和田:そうなんですよ。実際はもうちょっと服が見えていたんですけど、最終的に落としてもらって。割と顔が浮いている感じに調整してもらったんです。

澤本:へ〜、面白い。

権八:でも、前後に並んでいてね。

和田:そうなんです。

澤本:和田くんが一番前である、と。

和田:おれ、一番前です。

権八:ファンが喜びそうなエピソードですね。

和田:この話は初めてしましたね。「今回は、林くんが真ん中なんですね」って、そういうことじゃないよ、僕が一番前にいるんだからって。

一同:はははははは!

権八:やっぱり不満なんじゃん!(笑)

できるだけ“聴き手”に想像してほしい

中村:改めて4月にリリースになりましたニューアルバム『Unite/Divide』からお送りしたいんですが、和田さんから曲紹介をいただいてもよろしいでしょうか?

和田:分かりました。それではTRICERATOPSの新譜から、聴いてください。『いっそ分裂』。

♫~曲が流れる~

公式YouTubeから「いっそ分裂_Lyric VIDEO / TRICERATOPS」

中村:これはちょっと、歌詞にもいろいろと思うところがありそうです。

権八:まさに「Divide」というか。

和田:そうですね。みなさん、いろいろと想像してみてください、はい。

権八:ははははは!以上?!(笑)

一同:(笑)

権八:でも、あんまりクドクド語るよりかは、ね。

和田:そうですね、「僕はこういうつもりで書いたんです」「こういう意味なんですよ」っていうのはね。今回は比喩を使ってちょっとファンタジックに書いた歌詞が多いです。まずは聴き手にちょっと想像してほしいな、というのが結構ありますね。
でも、難しいですね。かたや「本当のところを分かってほしい」という気持ちもありますし。気持ちが行ったり来たりしています。

中村:抽象度を上げるとか、もうちょっと具体的に自分の思い聞いてもらおうとか……。そのさじ加減というのはどうやって決めていくんですか?

和田:そこは、ものすごくやり直しますね。前の日に書いたものを次の日に見て「あ、違うな。ここが詰めが甘いな」と。どこかに「これでOKだな」という基準があるんですよね。そう思えるまでは諦めずにやりますね。歌入れもそれこそ、レコーディングの直前まで調整しますね。「あ~、ここがちょっと甘いな~!」とか。そういうのが、自分の中でなるべくなくなるまでやります。

中村:日を変えて何度も聴き直してみて、「なんかフィットしてないな」と?

和田:そうですね。これが困ったことに、発売されてから思いつくんですよ。

一同:あはははは!

和田:「なんであそこが〜!」って。なるべくそういうのを少なくしたい。それだけですね。自信を持ってみんなに聴いてもらえるように、時間の限り妥協はしないという。それが大事かな。

中村:これは、作詞家、権八さんとかは……。

権八:ちょっと待ってよ!その言い方(笑)

和田:そうだ、権八さん教えてくださいよ。慎吾くんの曲はどうやってつくったんですか?

権八:(笑)いやいや、僕は「ほぼこういうメロディーで」っていうのはいただいていて……。「ふんふんふん♫」みたいなものを。

和田:なるほどね、それに合わせて歌詞を書いていくという。

権八:だけど、僕はプロじゃないから「音数」をまずは数えるんですよ。

和田:おんなじ、おんなじ!僕は作曲も自分でしているというだけでね。わりとこういうパターンの人は多いんですけど、僕は曲が先で、それから歌詞ですね。それに対して、文字数を合わせていくという作業です。同じです。

権八:はははは。そのマネごとをさせていただいています。あとは、これは香取慎吾くんの歌なので、「慎吾くんはどうしたい?」っていうのを何度かキャッチボールする。

和田:お~、いいですね~!

権八:たまたま時間があったので、レコーディングにも行って……。そこで、歌いにくい部分をちょっとだけ直したりもしました。

和田:はいはいはい。

権八:そしたら、「ちょっと権八、コーラスもやってよ」って(笑)

和田:すごいすごい!へえ~。

権八:まさかの。でも、ち〜っちゃい音で。そんな感じで楽しくやりましたよ。

和田:あ~、それは何よりですよね!

中村:そしてなんと、ニューアルバム『Unite/Divide』の発売に続き、6月からアルバムリリースツアーが始まります(6月10日から実施し、7月29日に最終公演を迎えた)。

和田:そうなんですよ。

中村:どんなツアーになりそうなんですか?

和田:やっぱり、アルバム中心かなぁ……。どうなんですかね?アルバムからいっぱいやる、なんなら全曲をニューアルバムからやる、っていう人もいれば、ニューアルバムが出たけど、特に関係ないという人もいて。大御所のアーティストの方は、過去の曲でも十分に成り立つから、新譜が出たのにそこからはほとんどやらない、というケースもいっぱいあるんですよ。
でも、僕らは今回25周年なので、割と代表曲をいっぱいやったほうがいいかな、と思っていたんですけど……。自信作が出来たので、やっぱりアルバムからいっぱいやりたいな、と思っております。

中村:そういうジレンマがあるんですね。

和田:そうですね、そこは適度に散りばめつつ、なるたけいっぱいやりたいなと思っていますね、今回。

権八:『Shout!』は、やらないの?

一同:(笑)

和田:あはははは!もちろん……やりますよ〜(笑)

澤本:言わされてる感が(笑)

和田:『Shout!』は、この間のでやりましたもんね。学生服のやつで。大事なポジショニングにいるんですよ。

澤本:ありがとうございます。

和田:『Shout!』はレアなポジションで、アルバムには入っていないんですよ。もしもあの直後にアルバムが出ていたら、たぶんこの中にも入っていたんでしょうけど。ちょうどアルバムとアルバムの間だったので、非常にレアな曲なんです。

権八:一応、もう一回言っておくと、野球&ソフトボールのオリンピック復活PRソングの『Shout!』ですね。これは、何年の曲なんですか?

和田:2015年ですね。澤本さんからお話をいただいて、打ち合わせしましたね。

澤本:しましたね、喫茶店で(笑)

中村:『Shout!』も聴けるのか聴けないのか、分からないけれども「ツアーには、来い」と。

和田:そうですね!そんなとこですね。

一同:あはははは!

和田:よろしくおねがいします!

「藤子不二雄Ⓐ短編集」のブラックユーモアが歌詞の原点

権八:藤子不二雄Ⓐ先生の話は、しなくていいんですか?

中村:そうですね。和田さん、SNSで藤子不二雄Ⓐ先生への思いをツイートされていましたよね。

権八:だから今日は迷ったんですよ~!マイケルとどっちのTシャツを着ていこうか。藤子不二雄Ⓐ先生の肖像写真にしようかとも思っていました。

和田:あ~、それもアツいなあ~!

権八:ね!

和田:僕が小学生の時に、たぶん、うちのおやじの事務所に届いていたのかな……?藤子不二雄Ⓐ先生の短編集……こんなに分厚いやつですよ。Twitterには「僕に買ってくれた」って書きましたけど、たぶん、うちのおやじの事務所に送られてきたものを「ほい!」ってもらったんだと思うんですけどね。内容は全部、暗〜いのばっかりですよ。

澤本:そうですよね。

和田:はい、暗〜い短編集。それを夜寝る前にベッドで読むんですよ。これがなんとも……最高で。いつもやっていましたね。

中村:和田唱さんの明るい態度からは、全然想像がつかないですけどね。

和田:ああ~!でも、僕はああいう世界観が好きなんですよね。ブラックユーモア。あの魅力は、やっぱちょっと……うん!

澤本:でも、和田くんの歌詞もちょっと藤子不二雄Ⓐっぽいですよね。藤子・F・不二雄、藤子不二雄Ⓐでいうと。

和田権八中村:ああ~!

和田:今回はそうかもしれないですね。

澤本:何かしら、世の中に鬱屈したものを感じて、そこから逃げろ!とかね。

権八:たしかに。

和田:あの短編集、どうしたっけな~。引きこもりの新入社員の、面白いやつがあったんだよな~!主人公が出勤初日に、お父さんとお母さんから「それじゃ行っておいで、がんばるんだよ!」って見送られて。会社に行くんだけど、気が弱いやつだから居ても立ってもいられなくて、そのまま会社を抜け出して……。公園でお弁当を食べながら、そこでシクシク泣いちゃうんですよ、その主人公が。

権八:うんうん。

和田:そこからはずーっと会社に行っているフリをしたまま行ってなくて。「お前、会社に行っていないって話じゃないか。どうしたんだい?」って両親に言われるんだけど、その彼は結局、ずーっとそのまま家に引きこもり続けて……。最後のシーンでは、両親もおじいさん、おばあさんになっているんだけど、その彼はずーっとその部屋の中で動かずにいるんですよ。ま、そういう話なんですけど。

一同:ははははは!

和田:暗くてねぇ~!もう、なんか最悪じゃないですか?!

中村:すごいですよね、藤子不二雄Ⓐ先生のブラックの力は。

和田:そうなんですよ。短編集にはそんなのがいっぱい入っていて。いや~、面白かったなあ~。

和田家は、驚きの“アーティスト一家”

澤本:和田さんのお父さんの話をするんですけど、この間展覧会をやっていらっしゃってましたね。

権八:ね、やっていらっしゃいましたよね。

澤本:すごい良かったのよ。

和田:ありがとうございます。

権八:リスナーのために一応言っておきますけど「和田誠さん」ですね。

澤本:和田くんが描いたものも出ていましたね。

和田:僕のですよね?うちのおやじがずっと取っておいてくれていたんですよ。ちっちゃい時に描いた落書きとかもね。「やっぱり、子どもの絵ってすごい」って、ずっと言ってましたね。ルールに縛られずに色付けをするし、それがすごくいいんだって言ってましたね。それなのに、学校の先生が教えてルールにはめていっちゃうからみんな「ぬり絵」みたいになっちゃうって。面白くなくなっちゃうって言ってましたね。

澤本:和田さんが絵を描かれた本がありましたもんね。

和田:そうですね。なんか“親子の共作”みたいになっているんですね。僕は当時、共作だってまったく思っていなかったんですけど(笑)あれ復刻したんですよ、何年か前に。

澤本:買いましたよ。

和田:本当ですか?ありがとうございます!

澤本:ちゃんと解説が書いてあって、ああいう家庭で育つとすごい人になるな、って思った。

和田:そんな、そんな……(笑)

澤本:いやいや、環境がやっぱりすごすぎるよね。お父さん、元々広告の方だからさ。「ライトパブリシティ」出身でしょ?

和田:そうです。

権八:あ、そうなんだ?

澤本:だから、昔の広告も貼ってあった。イラストで描いたキヤノンの広告とかもすごい話題になった。

和田:ライトパブリシティ時代の仕事ですね。

澤本:「ああ~、良いなあ~!」って思いながら読んでいたら、「広告がイヤになってすぐに辞めた」って書いてあったから「あ、そうなんだ?」って(笑)

一同:(笑)

中村:というわけで、そろそろお別れの時間が近づいてきましたが、改めてニューアルバム『Unite/Divide』発売中です。それでは、改めて和田唱さんからリスナーに向けて、一言お願いします。

和田:まずは、7年4ヶ月ぶりのとにかく久しぶりのアルバムです。珍しく「クッソ~!ここやり直してぇ~!!」というところが、あまりない。

一同:(爆笑)

和田:現時点ではそれがとても嬉しいから、すごく頑張ってプロモーションしたいなって思っています。あとは、ロックバンドとしてなんですけど。ロックが「反発の音楽」だとしたら、その辺はかなり出来たかな、と思いますね。それは歌詞の面でもそうですし、音楽的にも例えば「ワンコード」の曲が入っていたりします。コードがひとつって、これは相当ツッパっているなと。多分、今の日本の音楽シーンで、ないんじゃないかな?そういう意味でも、かなりツッパれたな、と思いますね。でもでも!ちゃんとポップにも仕上げられたので、ご安心を。っていう感じですかね。ぜひ、聴いてみてください。

中村:はい、ありがとうございます。ニューアルバム『Unite/Divide』をぜひ聴いてみてください。アルバムリリースツアーも6月10日「KT Zepp Yokohama」からスタートして、7月29日のファイナル「Zepp DiverCity (TOKYO)」までありますので、こちらもぜひチェックしてみてください。
この番組は、東京FMのデジタルコンテンツが集約されているスマホアプリ「AuDee(オーディー)」でも、トークのみ配信中です。もう一度知りたい、聴きたいという方は、「オーディー」で検索してみてください。というわけで、今夜のゲストはTRICERATOPSのボーカル・ギターの和田唱さんでした。ありがとうございました~!

和田:ありがとうございました~!!

一同:拍手

〈END〉


Follow Us