コラム

IMCは3.0へ――日本企業に必要な「REAL MARKETING」

avatar

藤田 康人(インテグレート代表取締役CEO)

1964年東京都生まれ。慶應義塾大学を卒業後、味の素に入社。1992年、ザイロフィンファーイースト社(現ダニスコジャパン)を、フィンランド人の社長と2人で設立。1997年にキシリトールを日本に初めて導入し、素材メーカーの立場からキシリトール・ブームを仕掛けた。この結果、ガムを中心とするキシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。2007年5月、IMC(Integrated Marketing Communication:統合型マーケティング)プランニングを実践する日本初のプランニングブティックとして、マーケティングエージェンシー、インテグレートを設立。代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』(ダイヤモンド社)、『99.9%成功するしかけ』(かんき出版)などがある。2014年4月7日(月)に宣伝会議から最新刊『THE REAL MARKETING―売れ続ける仕組みの本質」が刊行予定。


このコラムについて

いま、日本企業に必要なのはCMOではありません。必要なのは、マーケティング・マネジメントを最適化する仕組みです。事業に関与するすべてのステークホルダーのインサイトを探り、全員が幸せになるマーケティング・ストーリーを描く、そして全社横断型のオペレーションを実行することです。事業者、さらにIMC(統合型マーケティング)プランニングを専門とするエージェンシー両方の立場でマーケティングに携わってきた経験を通じ、いま考えている日本企業の競争力を高める、日本企業の風土に合ったマーケティング活動の方向性についてお話します。

広告系の求人情報 宣伝会議キャリアナビ
マーケティング資料ダウンロードサービス
マーケティング・コミュニケーションパートナー一覧