コラム

IMCは3.0へ――日本企業に必要な「REAL MARKETING」

あなたの会社に、本当に「マーケティング」はありますか?ーインテグレート・藤田康人さんのコラムが始まります!

share

日本企業に必要な『REAL MARKETING』

3月20日(木)より、全6回にわたりインテグレートの藤田康人さんのコラム「IMCは3.0へー日本企業に必要な『REAL MARKETING』」が始まります。

現在は2007年に設立した、マーケティングコンサルティング会社であるインテグレートの代表取締役CEOという立場にある著者ですが、それ以前は新卒で味の素に入社し長年、事業者側でマーケティングの実務に携わってきた経験があります。

インテグレートにて「クライアントが直面する“マーケティング課題”解決の道筋を探る」という様々なプロジェクトに参加する中で、批判を覚悟で極論を言えば、製造業を中心とする日本の企業はマーケティング活動で課題を抱えているのではなく、そもそも「マーケティング」という機能自体が存在していないのではないか、という思いを抱いているという著者。

4月頭には、日本企業に合ったこれからのマーケティング活動の在り方を解説する著書『The Real Marketingー売れ続ける仕組みの本質』(宣伝会議刊)も刊行の予定です。

コラムでは本書のテーマである、いま日本の企業が抱えるマーケティング機能の課題、さらにはその解決に向けた提案のエッセンスを全6回にわたり、紹介・解説していきます。

<著者プロフィール>

藤田 康人(ふじた・やすと)
株式会社インテグレート代表取締役CEO

1964年東京都生まれ。慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社に入社。
1992年、ザイロフィンファーイースト社(現ダニスコジャパン)を、フィンランド人の社長と2人で設立。1997年にキシリトールを日本に初めて導入し、素材メーカーの立場からキシリトール・ブームを仕掛けた。この結果、ガムを中心とするキシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。2007年5月、IMC(Integrated Marketing Communication:統合型マーケティング)プランニングを実践する日本初のプランニングブティックとして、マーケティングエージェンシー株式会社インテグレートを設立。代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』(ダイヤモンド社)、『99.9%成功するしかけ』(かんき出版)などがある。

[連載中のコラム]

マーケティング、プランニング

■横山 隆治
 宣伝部の変革と復権-次世代マーケティング部への機能再編-
■南 晃(謎作家)
 謎クリエイター・南晃の「謎解きのすすめ」
■山本 一郎
 山本一郎と燃ゆるICT界隈
■江端 浩人(事業構想大学院大学教授)
 「i(アイ)トレンド」
■澤地 正人(マックス 取締役)
 「売れる店頭研究会2013」

クリエイティブ

■渡邉 康太郎(takram design engineering ディレクター/デザインエンジニア)
 クリエイティブ・イノベーション・ファーム takram のアイデアの生み方と育て方
■古川 裕也(電通 コミュニケーション・デザイン・センター長 エクゼクテイブ・クリエーティブ・デイレクター)
 脳のなかの金魚
■Fuko Chubachi(ソニーミュージック・シニア・アートディレクター)
 「New York、酒と泪と男とアートディレクション」

仕事術、ライフスタイル

■清水 幹太(PARTY チーフ・テクノロジー・オフィサー)
 「ニューヨーク突撃記 PARTY NYCの挑戦」
■中村 好明(ジャパン インバウンド ソリューションズ 代表取締役社長)
 「ドン・キホーテの訪日外国人誘致戦略の仕掛け人が行く!」
■宣伝会議 コピーライター養成講座修了生
 「コピーライター養成講座卒業生が語る ある若手広告人の日常」

メディア、デジタル

■宣伝会議 編集会議編集部
 「編集会議コラム~コンテンツの裏側潜入!~」

広報

■白井 邦芳(危機管理コンサルタント)
 「CSR視点で広報を考える」

▼コラム一覧ページ
https://www.advertimes.com/column/

Follow Us