コラム

国民総ダンサー時代前夜に考える、ダンスとクリエイティブの幸福な関係

avatar

飯塚浩一郎

1978年生まれ。コピーライター・クリエイティブディレクターであり、ダンサー・振付家。言葉と身体をクリエイティブの両輪に、広告・映像・舞台・ファッションなど様々な領域を自由に行き来して活動している。慶應義塾大学卒業後、株式会社博報堂を経て、株式会社DAZZLE設立。広告においてはカンヌ広告祭シルバー、アドフェストゴールド、TCC新人賞など受賞。ダンスにおいてはダンスカンパニー「DAZZLE」で海外の芸術祭にも数多く招聘され、2017年のカザフスタンアスタナ万博のジャパンデーでもパフォーマンスを行う。坂東玉三郎演出の舞台「バラーレ」で主演を務めるなど、様々なアーティストとのコラボレーションも。都内病院を舞台に行われた日本で初めての本格的イマーシブシアター公演「Touch the Dark」は即日完売となり、多方面から注目される。


このコラムについて

ダンスが小学校・中学校で必修化され、「ダンス経験者」の数が爆発的に増加する中、CMの世界でもダンスを使ったクリエイティブをよく目にするようになりました。しかし、広告制作者とダンサーの間にはいまだ意識の大きなギャップがあります。CM制作の現場では、「ダンサーのことがわからない」「エンターテイメント業界での振る舞い方がわからない」とコミュニケーションのすれ違いが日々起きています。筆者は、広告のクリエイティブディレクター・コピーライターである一方で、プロフェッショナルのダンサー・振付家としても活動してきました。双方の世界を知る立場から、両者のズレをできる限り解消し、ダンスとクリエイティブの幸福な関係を築くべく、このコラムを始めます。前半では、こうした両者の認識のギャップが起きる理由について解説し、後半はダンサーがどのようにクリエイティブの領域で自己ブランディングを行い、サバイブしていくべきかを書いていきます。