コラム

日本最大級の「顧客接点」をもつコンビニから学ぶ!社会課題解決の糸口

avatar

渡辺 広明(マーケティングアナリスト やらまいかマーケティング 代表取締役社長)

静岡県出身。大学卒業後の1990年ローソンに入社。横浜地区の店舗で店長を務めた後、バイヤーとして22年間、メーカーのマーケターとして7年間従事。その間に約600種類の商品開発を手掛ける。2012年からpdcで2年間勤務。その後TBCグループのインセルを経て2019年3月より現職。フジテレビ『ホンマでっか!TV』やNHKラジオ『すっぴん』フジテレビ『Live News α』など、流通ジャーナリストとして各種メディアで活動。近著に『コンビニが日本から消えたなら』(KKベストセラーズ)。


このコラムについて

コンビニは年間累計約174億人強が利用する日本の縮図です。 ・コロナ禍のニューノーマル~ソーシャルディスタンシング ・SDGs環境問題~食品ロスやレジ袋の有料化 ・今後の新しいインバウンド・ダイバーシティ対応 ・超高齢化社会との向き合い ・人手不足による働き方改革 変化対応業であるコンビニは、ダイナミックの流れに呼応していきます。 そんな最新状況を、ネット特性を活かして執筆していきます。