コラム

コピーライター養成講座 講師・卒業生が語る ある若手広告人の日常

地方での広告づくり

share

古屋彰一(BBDO J WEST クリエイティブディレクター/コピーライター/プランナー)

はじめまして。
福岡の広告会社 BBDO J WESTでクリエイティブディレクター・コピーライター・プランナーとして働いている古屋彰一です。
もう35歳なので若手と呼ぶには少々苦しいですが、
4週間おつきあいよろしくお願いします。

地方でクリエイターの方のコラムがなかったようですので、
東京にはない地方での広告づくりの魅力を紹介しようと思います。

とりあえずチャンスがくる

東京と地方の大きな違いはなんといっても、広告予算。
市場規模の差と比例して、企業が広告にかける予算も小さくなります。
となると、地方にいる僕らは一つの仕事に関わる人数を減らして、さらに一人がより多くの仕事を回して行かないと同じ水準の収入を得ることは難しい状況です。
経験も実力もない若手に仕事がガンガンまわってくる!

わずか数十万の予算でしたが、僕にも入社2ヶ月でチャンスが回って来ました。

cac0507-1


下関市 巌流島TVCM15秒「名前の由来」篇
(NA)
佐々木小次郎、剣の流儀「巌流」
勝負に負けた方の流儀を島の名前にしてしまう
そんな日本人のセンス嫌いじゃないです。
感じに行こう巌流島

自分の企画がカタチになった上、賞までいただくことができ
「この世界で本当に通用するのか?」と不安でしょうがなかった自分にとって
大きな自信になりました。

大東京で超一流の猛者たちに踏み潰されながら頭角をあらわすのは理想的な成長かもしれませんが、地方で実践を数多く重ねて自信を深めながら成長していくというやりもあるということです。

サッカーでもいきなりビッグクラブに行ってベンチを暖めるより
オランダリーグで活躍してから、次のステップをうかがうというような感じでしょうか。

凡庸な才能とガラスのハートしか持っていない自分にとっては、地方で若者時代を過ごしたのは悪くない選択だったのかなぁと思っています。

来週は「総合力がつく」というテーマで地方の広告づくりの魅力をご紹介します。

古屋彰一
(BBDO J WEST クリエイティブディレクター/コピーライター/プランナー)
1978年 福岡県生まれ
[仕事]ホームセンターグッデイ 福太郎めんべい 下関海響館 ムーンスターなど
[受賞]ACCシルバー・福岡広告協会賞グランプリ・FCC審査員特別賞・TCC新人賞など
「コピーライター養成講座卒業生が語る ある若手広告人の日常」バックナンバー

もっと読む

『コピーライター養成講座』
講師は一流のコピーライターが直接指導 プロを育てる実践型カリキュラム
※福岡教室は5月18日開講

いまでも多くの有名クリエイターを輩出している本講座。幾度かの改変を経て、内容を一新。コピーやCMといった、広告クリエイティブだけでなく、インタラクティブ領域のコミュニケーション、マーケティングやメディアクリエイティブなど、さまざまな視点からコミュニケーションを構築する能力を養い、次世代のクリエイターを育てます。

詳細はこちら

Follow Us