コラム

コピーライター養成講座 講師・卒業生が語る ある若手広告人の日常

25歳、新人コピーライターのリアル。

share

平野慎也(アッシュ・ブーム コピーライター/宣伝会議コピーライター養成講座2008年春・上級コース、2011年春 石川・岡本クラス、2012年春 谷山クラス修了)

明けましておめでとうございます、平野慎也と申します。
アッシュ・ブームという広告制作会社で働く2年目コピーライターです。

若手コラムも2年目に突入したのだそうで、
これまでになかった「新人コピーライター」について
フレッシュな気持ちで担当いたします。

宣伝会議のコピーライター養成講座では、
上級コース→石川・岡本クラス→谷山・井村・吉岡・照井クラス
でお世話になりました。お世話になりすぎて受講料を分割払い中です。

僕にはド派手な仕事経験もなければ、
名前が売れているわけでもありません。

それでも、コピーライターを目指す学生さんや、
未経験からの転職を希望されている方が知りたい
「ぶっちゃけ、新人ってどうなのよ?」
という疑問にはお答えできるのでは、と思っています。

2013年、なんとかブレイクしたいコラム、はじまります。

意識の高い学生→意識のない学生

1_作品集

大学時代につくったポートフォリオ

在学中から養成講座に通っていたこともあって、
コピー好きの仲間は多くいました。
宣伝会議賞にも大学1年(2006年)から応募していたし、
広告関連のアルバイトも経験させてもらいました。

いわゆる「意識の高い」学生。
もちろんコピーライターになるつもり。
正確には、なれると勘違いしていました。

いざ就職活動をはじめてみると、気づいたのです。

「コピーライターにはなりたいけど、その会社を志望する動機がない」

いっきに自信をなくしました。
なんとなく、で会社を選ぼうとしていたなんて…!

それでもポートフォリオは好評だったり、現場の方とは話が合ったりして、
続ければなんとか決まる…なんて思ってみるも全然ダメ。
会社で働く「意識がない」んだ、と気づかされました。

経験がなければ、つくるしかない。

2_しろ

受賞した「しろ」のコピーと

いっそ、就活なんて休んじゃえ。
現実から逃げ出すように宣伝会議賞に打ち込みました。

初めて段ボールで応募した1500本のコピー。
高橋酒造さんの課題で協賛企業賞を受賞しました。
“「しろ」がないと、食がさみしくなる。”
というコピーです。

コピーを書くことにプレッシャーなんて
ちっともなかったのに、今年は失敗したくない。
コピーに傾ける視線が、趣味から仕事へ移行したような気がします。
なにより、褒められるって最高だ!

ようやく作った実績と、復活したやる気を原動力に
2年目の就職活動を始めたのでした。

来週は「ホントにあるの?Twitter就職」をお送りします。

平野慎也(ひらのしんや)
アッシュ・ブーム コピーライター。1987年生まれ。静岡県浜松市出身。首都大学東京 都市教養学部経営学系を卒業後、2011年から現職。第47回宣伝会議賞 協賛企業賞、第26回・第28回読売広告大賞 協賛社賞を受賞。宣伝会議コピーライター養成講座 2008年春上級コース、2011年専門コース(石川・岡本クラス)、2012年専門コース(谷山・井村・吉岡・照井クラス)修了。

コピーライター養成講座卒業生が語る ある若手広告人の日常

もっと読む

『コピーライター養成講座』
講師は一流のコピーライターが直接指導 プロを育てる実践型カリキュラム
いまでも多くの有名クリエイターを輩出している本講座。幾度かの改変を経て、内容を一新。コピーやCMといった、広告クリエイティブだけでなく、インタラクティブ領域のコミュニケーション、マーケティングやメディアクリエイティブなど、さまざまな視点からコミュニケーションを構築する能力を養い、次世代のクリエイターを育てます。

詳細はこちら

Follow Us