コラム

コピーライター養成講座 講師・卒業生が語る ある若手広告人の日常

いちデザイナーが感じる、言葉の大切さ。

share

小野勇樹(デイリーフレッシュ デザイナー/宣伝会議コピーライター養成講座専門コース2012年春・小西利行クラス、クリエイティブディレクション講座修了)

はじめまして。Dairy Freshという会社でデザイナーをしている小野と申します。
今年の春ころ、小西利行さんの専門コースに通い、そのときのご縁で今回のコラムを担当させていただくことになりました。正直なところ、こんな華々しい場所に、しかもデザイナーの僕が出るなんて恐れ多いのですが、せっかくの機会なので頑張って書いていきたいと思います。
本職の方からするとヒドイ文章かと思いますが、何卒ご容赦を……

そもそも、「なぜデザイナーなのにコピーの講座に行ったのか」ということからなんですが、簡単にいうとコピーのことが知りたかったからです。みんな当然そうですよね。でも僕の場合、言葉に対してとても劣等感があったんです。

kadokawa

鈴木悠平CDのもと、言葉と絵の一体感を感じることができた広告

職業柄、コピーライターの方とはよく仕事をするので、コピーの重要性とか自分の言葉の拙さとか、日々ひしひしと感じていました。特にそれを感じていたのはブレスト(打ち合わせ)の時です。

アイデアを伝えるのが難しいんです。
アイデアスケッチを持っていっても、「イマイチだね〜」で終わる。
もちろんアイデアが良くないせいなんですけど、しゃべりが上手くないのも原因だったように思えました。

でもその時に、たった一言、言葉だけ書いた紙をそえて、
「今回はこういう方向性で考えてきました」と言いながら出すと
反応が違うんです。少なくとも話は聞いてくれました。
下手くそな言葉でも、一言あるとやりたいことが伝わるし、
「だったらこういうのはどう?」とブレストが広がりやすいんです。

もうひとつ良いことがあって、アイデアスケッチを書きながら言葉を考えると
アイデアや絵が精査されていくんです。言葉にすることで明確になるというか。
こういう経験を経て気づいたんですが、アイデアが伝わらなかったのは
ちゃんと整理されていなかったからなんですね。

ただまあ、やっぱり僕が書けるのはどうしても田舎くさい言葉ばかりで、なにかが違うんです。
それがコピーライターにかかるとスタイリッシュに生まれ変わって……
あらあなた垢抜けたわね〜、みたいな。

ネット上に「画像で一言」というのがありますよね。僕はこれが大好きなんです。極端な例かもしれませんが、たった一言で絵のイメージが全く変わってしまうことはよくあります。

ひとつの言葉で打ち合わせが動いたり、デザインが良く見えたりする。
そんな時に言葉の大切さが身にしみます。
でもこれは逆もありますよね。
デザインによって言葉のイメージが変わること、
そういう瞬間も、僕は楽しくてデザインをやっています。
言葉もデザインももっと上手くなりたいなぁ…

こんな駄文、読んでくれてありがとうございました。
あと3回続きます。これ想像以上に大変ですね。

Exif
小野勇樹(おのゆうき)
デザイナー。1986年生まれ。2009年多摩美術大学卒業後、アデックスデザインセンターを経て、2012年Dairy Fresh入社。宣伝会議コピーライター養成講座・専門コース小西利行クラス、クリエイティブディレクション講座修了。

コピーライター養成講座卒業生が語る ある若手広告人の日常

もっと読む

『コピーライター養成講座』
講師は一流のコピーライターが直接指導 プロを育てる実践型カリキュラム
いまでも多くの有名クリエイターを輩出している本講座。幾度かの改変を経て、内容を一新。コピーやCMといった、広告クリエイティブだけでなく、インタラクティブ領域のコミュニケーション、マーケティングやメディアクリエイティブなど、さまざまな視点からコミュニケーションを構築する能力を養い、次世代のクリエイターを育てます。

詳細はこちら

Follow Us