コラム

New York、酒と泪と男とアートディレクション

avatar

Fuko Chubachi(ソニーミュージック・シニア・アートディレクター)

東京の広告会社勤務を経て、2002年渡米。2003年ニューヨークのソニーミュージック入社。アートディレクターとして、アーティストのイメージ作り、撮影、ロゴやジャケデザイン、ビデオなどアーティストのアート関連すべてを総合で担当。ビヨンセやマイケル・ジャクソンをはじめ、デスティニーズチャイルド、ケリーローランド、ブランディ、グッドシャーロット、アダムランバートなどのアート制作に関わる。
2013年夏、デジタルマガジン『HEAPS』を創刊。編集長兼クリエイティブ・ディレクターとしても日々格闘中。

ブログ
HEAPS Magazine
Facebook
Twitter


このコラムについて

四国高知の田舎娘が大都会に憧れて、東京からニューヨークに来てしまった話。 美味しい酒を飲む為に仕事をしているのか、仕事を頑張ったから酒が美味いのかわからない今日このごろ。 アーティストのデザイン面でのブランディング、ディレクションを総合担当するアートディレクターという仕事について、グラマラスな仕事の裏側も踏まえつつ紹介します。 日本人ならではの苦悩と感動、そしてリアルに厳しいニューヨークの生き方などについても、あますところなく語ります。

広告系の求人情報 宣伝会議キャリアナビ
マーケティング資料ダウンロードサービス
マーケティング・コミュニケーションパートナー一覧