コラム

PRの現実と理想の狭間でー業界歴23年、PRパーソンの試行錯誤ー

「PRの現実と理想の狭間で〜業界歴23年、PRパーソンの試行錯誤〜」インテグレート赤坂さんのコラムがスタート

share

AdverTimesで6月24日より新連載がスタートします。

PRの現実と理想の狭間で〜業界歴23年、PRパーソンの試行錯誤〜

著者について

赤坂幸正(あかさかゆきまさ)/インテグレート 執行役員

akasaka_i

1969年宮城県石巻市生まれ。1992年大学卒業後、PR会社株式会社コムデックスに入社。長崎県のハウステンボスを中心に、福岡や佐賀などを巻き込んだディスティネーション企画を推進するなど、マーケティングPRの基盤を築く。さらに、2000年初頭に「アセロラ」「ココア」「機能性ヨーグルト」など食品分野における機能性PRのプロジェクトに数多く参画。

2007年株式会社アイ・エム・ジェイとインテグレートのジョイント企業3iへの参画を経て、2008年からインテグレートに所属。アカウントプランナーとして、マーケティング課題解決に向けた戦略シナリオとコンテンツ制作、統合型エグゼキューションプランニングに従事。

2009年より日本PR協会主催のマーケティングPRプランニング講座の講師も務める。

【コラムの概要説明】

デジタルデバイス、ソーシャルメディアの普及により、消費者の情報取得行動が大きく変化をしている現代。もはや従来の広告、PRという手法の境界はどんどん曖昧になっている。空気をつくるだけでも、認知をあげるだけでも、消費者は動かない。

ではもうPRは効かないのか?そうではない。今こそ、ブランドが自ら前面に立ってPR(パブリック・リレーションズ)発想のコンテンツづくりに打って出る時だ。

PRをいかにマーケティングに生かすかを日々試行錯誤しながら苦闘する、PRパーソン23年生の著者が、PR(パブリック・リレーションズ)発想でのマーケティング戦略設計のポイントを、PRの現場視点で実践的に紐解く。

[連載中のコラム]

マーケティング、プランニング

■江端 浩人(事業構想大学院大学教授)
 「i(アイ)トレンド」
■徳力基彦(アジャイルメディア・ネットワーク 取締役 CMO ブロガー)
 徳力基彦の”もっとアンバサダー視点”
■足立 茂樹(イー・スピリット 代表取締役)
 広告の中の人 次世代を担う注目のタレント
■Ys and Partners 結城彩子
 米国マーケティング業界、トップランナーに聞く。

クリエイティブ

■山本 良二(電通関西支社CRプランニング局 局長)
 右手に常識、左手に非常識。――関西「広告」クリエイティブの源泉

仕事術、ライフスタイル

■マーケティング研究室
 「企業トップが語る“次世代リーダー”の育て方」
■宣伝会議 コピーライター養成講座修了生
 「コピーライター養成講座卒業生が語る ある若手広告人の日常」
■宣伝会議 編集・ライター養成講座事務局
 編集・ライター養成講座修了生が語る いまどきの若手編集者・ライターの生き方

メディア

「広告ビジネスに関わる人のメディアガイド2015」リレーコラム
■砂流 恵介
 ウェブメディアの夜会

広報

■白井 邦芳(危機管理コンサルタント)
 「CSR視点で広報を考える」

▼コラム一覧ページ
https://www.advertimes.com/column/

Follow Us