コラム

アンバサダー視点のススメ

デルがファンとの交流プログラムで感じた、マスマーケティングとの違い

share

ブランドが支持されるのは製品の魅力だけではない

藤崎:興味深いのは、横塚さんご自身がまずデルのファンだからこそ、顧客に会ってみたいと考えた点です。

横塚:確かに、そうかもしれません。私がデルを好きな理由は、製品だけではありません。会社もここで働く人も含めて、全部が好きなんです。そう考えると、ブランドが長い期間に渡ってお客さまから支持を得るためには、単純に製品が良かったり、好きだったりするだけではダメなんだと思います。

藤崎:ブランドは企業を取り巻く全ての集合で成り立っていると思います。それは製品であったり、そこで働いている人たちであったり、つまり全てが良くないと、良いブランドとは言えないと思います。

横塚:デルの製品を好きな人たちに、デルの社員のことも知ってもらいたいという気持ちがありました。個性と才能のある素敵な社員ばかりですので、実際に会って話せば、理解が深まると考えたからです。

藤崎:企業とファンは、家族のような存在と言えますね。ブランドのファンは、企業理念や企業が行う活動、スタッフの対応などを含めてファンなのだと考えられます。

次ページ 「人に「クチコミ」させる「これが好き!」という力」へ続く

Follow Us