コラム

澤本・権八のすぐに終わりますから。アドタイ出張所

アートディレクターなのに、職業が「インスタグラマー」だと思われている!?(ゲスト:秋山具義)【前編】

share

【前回コラム】「ACCラジオ部門、「金鳥少年」が2年連続グランプリに輝いたワケとは?(ゲスト:吉田尚記アナウンサー/橋本吉史プロデューサー)【後編】」はこちら

今回のゲストはアートディレクターの秋山具義さん。おいしそうな食事をインスタグラムにアップし続けていたことで起きたさまざまな変化とは?

今回の登場人物紹介

左から、中村洋基(すぐおわレギュラーゲスト)、秋山具義、澤本嘉光(すぐおわパーソナリティ)、権八成裕(すぐおわパーソナリティ)。

※本記事は11月30日放送分の内容をダイジェスト収録したものです。

「やらしいご飯会」の真相とは?

中村:今日はCMプランナーの権八さんが遅れております。

澤本:また、だね(笑)。

中村:わりと来なかったり遅れたりすることがざらにある放送という。

澤本:1人いなくてもいいんじゃないかと思って。

中村:さて、今年も残り1カ月ですが、澤本さんの近況は?

澤本:何もしないうちに1年が終わるなと思って。この間、真剣に落ち込みました。この1年間、何してたんだろうなと思って、手帳に書きだしたんですよ。そしたら意外と何もしてないぞと。

中村:そんなことないですよ。

澤本:いや本当に。こんなことしているうちに歳とって、僕も終わっちゃうなと思うとちょっと悲しくなりましたね。

中村:いきなりメロウな感じで入りましたね。はい、今回も素敵なゲストをお迎えしております。今夜のゲストはアートディレクターの秋山具義さんです。よろしくお願いします。

秋山:お願いします。秋山具義と申します。アートディレクターという職業で・・・あ、権八くん来たみたいですね。広告を中心にパッケージデザインやCDジャケット、写真集、ロゴなど、いろいろなことをやってます。澤本さんと同じ歳です。

中村:澤本さんは同世代ということで、お仕事などでもご関係はあったんですか?

澤本:仕事は映画『ジャッジ!』のポスターをお願いしたり、いくつかやってもらってます。

秋山:えぐちりかとサノケン(佐野研二郎)と。

権八:あー、競合作品で。

秋山:投票でえぐちりかに負けたんですけどね。

澤本:そう、映画の題材が広告だからそういうのをしてみたんだけど。

権八:企画が面白い。

澤本:具義さんとは仕事ではそんなにいっぱいやってる感じはないんだよね。

秋山:一緒にご飯食べに行ったり。

澤本:具義さんは食通として有名じゃない。

権八:この番組でも、やらしい文脈で名前出てきたことがあったよね。長澤まさみちゃんがゲストのときに「なんで来てくれたんですか?」と聞いたら、「じつは先週、具義さんのやらしいご飯会で澤本さんと・・・」と。

澤本:やらしいご飯会じゃないよ(笑)。

秋山:真面目ですよ。仕事の話しかしてないから。

権八:うそー、昔は下ネタしか言ってなかったじゃん(笑)。

秋山:言ってないわ。まぁ昔はね。でも、もう50過ぎてるから落ち着いてるよ。

澤本:権八、すごいTシャツだね。

秋山:もうちょっと落ち着いたほうがいいんじゃないの?

権八:落ち着いてますよ。いや、落ち着いてないかな。

澤本:前から思うけど、こういうTシャツを買うの勇気いらない?どこで売ってんだろう。

権八:勇気いらないですよ。ネットで売ってます。

中村:はい、ということで澤本さん、権八さんとも親交の深い秋山具義さんですが、早速、毎回ゲストの方にお願いしている20秒自己紹介というのをお願いできればと思います。

秋山:あ、さっきの自己紹介は違うんですか?

次ページ 「アートディレクターよりもインスタグラマーと思われている」へ続く

Follow Us