コラム

スポーツ経営に学ぶ 常識を超えるマーケティング発想法

avatar

池田純

1976年1月23日、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業後、住友商事、博報堂を経て、2007年にDeNAに入社。執行役員マーケティングコミュニケーション室長を務める。2010年にNTTドコモとDeNAのジョイントベンチャー、エブリスタの初代社長として事業を立ち上げ、初年度から黒字化。2011年に横浜DeNAベイスターズの社長に史上最年少の35歳で就任。5年間で数々の改革を行ない、売上は倍増、観客動員数は球団史上最多、24億円の赤字から約10億円の黒字化に成功。2016年10月16日、契約満了に伴い、横浜DeNAベイスターズ社長を退任。現在はJリーグ特任理事、明治大学学長特任補佐や複数の企業のアドバイザーを務める一方、Number Sports Business College(NSBC)を開講するなど、10以上の肩書を持つ実業家として活躍している。著書に『空気のつくり方』(幻冬舎)、『スポーツビジネスの教科書 常識の超え方 35歳球団社長の経営メソッド』(文藝春秋)ほか。
HP→http://plus-j.jp/


このコラムについて

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、少しずつ盛り上がりをみせているスポーツ業界。いかにファンの「共感」や「スタジアムでしか味わえない一体感」を生み出して試合会場に足を運んでもらうのか。そのためのマーケティング戦略や、スポーツにスポンサードする企業のマーケティング担当者はどのような思考を持つべきか。コラムではスポーツ業界に学ぶマーケティングの発想法や、2020年の先も見据えた考え方について紹介します。