コラム

「経営のとなりにあるデザイン」〜デザイナーに何をさせるべきか〜

avatar

室井 淳司(アーキセプトシティ 代表/エクスペリエンスアーキテクト)

1975年広島県生まれ。2000年東京理科大学理工学部建築学科(建築意匠専攻)卒業後、博報堂入社。空間開発チームに所属し、企業空間・店舗ブランディング、商品開発、プロダクトデザイン、体験コミュニケーションクリエイティブ業務に従事。2007年空間ブランディングを実行する社内組織、「博報堂エクスペリエンスデザイン」を発足。 2009年ミラノサローネサテリテ参加。2011年金沢美術工芸大学非常勤講師。 2012年博報堂史上初めて、広告制作職外からクリエイティブディレクターに当時現職最年少で就任。 2013年博報堂を退職し、空間クリエイティブ・デザインファーム、アーキセプトシティ設立。2013年4月より博報堂最年少フェロー。表参道布団店 チーフクリエイティブオフィサー。

Red dot design award best of the best 2011/JCD best100 2011.2012/DDA award 2008.2009.2010.2011、Good design award 2009.2011.
デザインと仕組みのかけ算で、デザイナーが担うべき役割を広げる。


このコラムについて

デザイナーという、特殊な思考回路を持つエネルギッシュな生物を、もっと企業活動に活かすべきだとつくづく思う。デザイナーに対してデザインの対象物を与え、その範囲内で彼らの才能を使うだけではもったいない。デザイナーは、感覚的思考の持ち主であり、優秀なデザイナーは、右脳と左脳を自在に使い分け、新しいビジョンを描ける。経営者は、うまく使えば思わぬギフトをもたらすデザイナーをいかに使うべきか。そしてデザイナーは経営者の期待を超えていくために、いかに進むべきか。そんな事を書いていきたいと思います。

広告系の求人情報 宣伝会議キャリアナビ
マーケティング資料ダウンロードサービス
マーケティング・コミュニケーションパートナー一覧