コラム

楽天大学学長が語る「EC温故知新」

avatar

仲山 進也(楽天大学学長)

楽天株式会社 楽天大学学長
仲山考材株式会社 代表取締役 「次世代ECアイデアジャングル」主宰

北海道生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。シャープ株式会社を経て、1999年に社員約20名の楽天株式会社へ移籍。楽天の初代ECコンサルタント9人の1人となる。2000年に「楽天大学」を設立、Eコマースのみならず、チームづくりや理念づくりまで幅広く、楽天市場出店者39,000社の成長パートナーとして活動中。楽天が20名から数千名の組織に成長するまでの経験をもとに人・チーム・企業の成長法則を体系化、社内外で「自走型人材」の成長を支援している。2004年、Jリーグ「ヴィッセル神戸」の経営に参画。2007年に楽天で唯一のフェロー風正社員(兼業フリー・勤怠フリーの正社員)となり、2008年には仲山考材株式会社を設立、Eコマースの実践コミュニティ「次世代ECアイデアジャングル」を主宰している。

著書
『「ビジネス頭」の磨き方』(サンマーク出版)
『今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則『ジャイアントキリング』の流儀」(講談社)


このコラムについて

Eコマース(EC)の市場が立ち上がってから十数年。成長が加速し、大企業の本格参入やネットワークや端末の進化により様々な変化が起こっています。しかし、本質的な部分は昔も今も変わりません。そこで今だからこそ、EC黎明期における「やり方・あり方」を見直すことが有益になってきました。ここでは、EC成長の礎となった考え方や、現在につながるノウハウについて考えていきます。

広告系の求人情報 宣伝会議キャリアナビ
マーケティング資料ダウンロードサービス
マーケティング・コミュニケーションパートナー一覧