コラム

世界の小売から。 オランダ在住クリエイティブディレクターと仲間たちが見つけた、小売の現場の消費トレンド

マレーシアで見つけたダイバーシティあふれる小売のアイデア5選+α

share

③マレーシアの日常の中に溶け込みつつある日本ブランド

当地では、日本商品が格段に手に入りやすくなっています。手頃な価格で基本的に日本と変わらない品揃え(調味料・米・酒・お菓子・日用品など)をローカルスーパーマーケットに行っても実感できます。今年3月にはドンキホーテがオープンしました。店舗には比較的鮮度の高い刺身・種類の豊富なお肉やお魚、日本の野菜が手頃な価格で手に入るので、日本好きなローカル顧客も目に付きました。現在コロナ禍で旅行にいけない分、ドンキホーテで日本を味わう体験をしているようです。

さらに注目は2016年にマレーシア市場へ参入したファミリーマート。ファミリーマートはマレーシアのローカル企業QL Resources社と協業し、日本のコンビニスタイルというコンセプトを浸透させ、順調に事業を成長させることに成功しました。2020年10月時点でマレーシア全国に200店舗以上の出店を果たしています*1。

店内は日本に負けず劣らず清潔で、おにぎり・サンドウィッチ、日本と現地のスナック菓子・医薬品、飲み物などが並んでいます。特にローカライズされた日本の「おでん風」商品が人気で、SNSでインフルエンサーにPRした効果も大きい様子。日本クオリティを味わいたいニーズと、ローカライズされた商品のニーズを上手に取り入れ、日系コンビニの中ではファミリーマートが圧倒的な人気を得ています。また、キャッシュレスデリバリーサービスとも連携しており、利便性が高いことも人気の秘訣といえるでしょう。

店舗外観は日本と遜色ないが、レジ横にはおでん風の商品が目を引く

次ページ 「④マレーシアの店舗におけるコロナ対策のリアル」へ続く

Follow Us