コラム

世界の小売から。 オランダ在住クリエイティブディレクターと仲間たちが見つけた、小売の現場の消費トレンド

マレーシアで見つけたダイバーシティあふれる小売のアイデア5選+α

share

⑤購買チャネルの変化で価値観の多様性が進むマレーシア

クアラルンプールではスマホの普及率が95.1%(15歳-64歳)と高く、生活にデジタルが浸透しています。インターネットも普及しており、15歳から64歳の80%がオンラインショッピングを経験、さらに昨年のコロナ影響における外出規制がインターネットを介した消費行動の変化に拍車をかけています*2。

特に食品(飲食店)やトイレタリー(Personal Care)カテゴリーの流通が伸びています。マレーシアのオンライン経済では、地方、ローカル、グローバルブランドがうまく組み合わさっており、ShopeeやLazada、Happy FreshやGrabがメジャーな位置付けです。自宅や希望先へのデリバリーが増えたことでバイク便や車での商品輸送を行う新たな雇用が創出されています。特にShopeeやLazadaの2大ブランドは月間利用者が2300万人超でローカルの生活には無くてはならない存在です。

さらに近年の傾向としてマレーシア生まれのオーガニック商品が増えつつあります。意識の高い系として下記の様なメーカーが台頭してきております。

・HIVE(アロマ・食品・紙ストロー・布ナプキンなど)
・Claire(アロマ・化粧品)
・Earthories(アロマ・化粧品)

特にHIVEはZERO WASTEのコンセプトを掲げ、ユーザーにも地球環境にも優しい製品が目白押しで、個人的にとても注目しています。創業者はフランス人女性ですが、将来的にこういったブランド浸透率が進み、当地の環境意識にもプラスの効果が出たら嬉しいかぎりです。

THE HIVEの店舗。黄色を基調とした明るい印象

いかがでしたでしょうか。今回はマレーシアの小売から見えきたダイバーシティあふれる小売の現状について見てきました。後日にこの後編として、「ダイバーシティ(多様性)」というキーワードについて掘り下げていきたいと思います。

注釈
*1 株式会社クリスク調査より引用
*2 Data Reportal調査より引用

Follow Us