コラム

コピー年鑑と私

ミーハーゴコロを満たす、超ぶ厚いファンブック! (文・三井明子)

share

東京を中心に日本全国で活躍するコピーライターやCMプランナーの団体である東京コピーライターズクラブ(TCC)。「TCC賞」応募作品の中から、コピーの最高峰を選ぶ広告賞「TCC賞」の入賞作品と優秀作品を収めた『コピー年鑑』は1963年に創刊、2022年度で60冊目を迎えます。各年鑑はその時々の時代性を広告という側面から反映した貴重なものとなっており、特に、コピーに関してはバイブル的存在として受け入れられています。
そんな『コピー年鑑』をテーマに、本コラムではTCC会員であるコピーライターやプランナーが執筆。第12回目は、宝島社の企業広告などを手がけられた三井明子さんです。

コピーライターに憧れて、紆余曲折の末にやっとのことでコピーライターになりました。そんなわたしは、以前からずっと、とってもミーハーな感覚でコピー年鑑にふれてきました。ついつい注目してしまうのは、掲載作品そのものではなかったりします。

真っ先に読むのは、受賞コメント。意外な制作秘話、プライベートなエピソード、感謝の言葉などなど、みなさんの肉声を聞くことができる感じがたまりません。素敵なコピーを手がけられるかたは、やっぱりコメントも素敵だなあとうっとりしたり。思わず受賞コメントを写経したこともありました。(受賞者全員のコメントを読めるのは、コピー年鑑だけです!)

そして、受賞者のお写真。ちょっとロックなコピーを清楚なイメージのかたが手がけていたり。高齢者のインサイトを捉えたコピーを若々しいかたが手がけていたり。そんな意外性に出会うとニンマリ。このかたは、このコピーをどうやって手がけられたのだろう……などと、お写真から勝手に想像をめぐらせたりします。

そしてそして、スタッフリスト。あ、こっちの広告も同じスタッフだ!とか、同じシリーズでも監督がちがうから印象がちがうんだーとか。マニアックな発見や興味が広がります。

さらには、索引でスタッフから作品を調べることができることも、コピー年鑑のうれしいところ。リスペクトする広告を手がけたあのかたが、他にどんな広告を手がけているかを知っては、驚いたり、納得したり、(とてもかなわないなと)絶望したり。

以前のコピー年鑑には、受賞者の出身校や生年月日などの情報も掲載されていて、視線はそこにばかり向かいました。お会いしたこともないコピーライターのかたがたへの憧れが膨らんだり、劣等感を大きく刺激されたりしていました。

こんなミーハーな気もちでも、コピー年鑑にふれていくと、しぜんとすぐれたコピーについて知っていきます。結果、励まされることも打ちのめされることもありますが、大きな読後感としては、自分もがんばろう!となっていきます。

コピー年鑑は、本来匿名の広告制作者のことを、まとめて知ることができる一冊。広告好きとしては、とてもとても貴重な一冊です。厚さや価格のインパクトから、高尚なイメージがありますが、ファンブック感覚でたのしんでみてはいかがでしょうか。

三井明子 みつい・あきこ
TCC2006年入会

静岡県出身。武蔵野美術大学短期大学部卒業。中学校教員、化粧品メーカー宣伝部などを経てADK。おもな仕事に宝島社、味の素、早稲田アカデミー、オンワードなど。著書に『マイペースのススメェー』(パイインターナショナル)など。こんなに浅い感じでしかコピー年鑑の紹介ができないわたしについては、こちらのnoteをご覧ください。

※六本木「文喫」にて「ことバー Presented by TCC」が開催中です。
開催期間:2022年4月27日(水)~6月5日(日)
営業時間:9:00~20:00(L.O. 19:00)
観覧料:入場無料

関連記事
歴代のコピー年鑑59冊を展示、TCCが「ことば」尽くしのイベントを文喫で開催

関連リンク
『コピー年鑑2021』東京コピーライターズクラブ (編集)

 

Follow Us