コラム

デザイン思考の事業創造 〜関係性をデザインする、これからのブランド戦略〜

avatar

室井淳司(Archicept city 代表/クリエイティブ・ディレクター/一級建築士)

新規事業・サービス開発、ブランド戦略、空間開発などにおいて、企業のトップや事業責任者とクリエイティブ・ディレクターとして並走する。表参道布団店共同創業経営者。広告・マーケティング界に「体験デザイン」を提唱。著書『体験デザインブランディング〜コトの時代の、モノの価値の作り方〜』を宣伝会議より上梓。2013年Archicept city設立。博報堂史上初めて広告制作職域外からクリエイティブ・ディレクターに当時現職最年少で就任。東京理科大学建築学科卒。これまでの主なクライアントは、トヨタ自動車、アウディ、日産自動車、キリンビール、トリドール、ソニーなど。主な受賞はレッドドット・デザイン賞ベスト・オブ・ザ・ベスト、アドフェストグランプリ、グッドデザイン賞、カンヌライオンズ他国内外多数。


このコラムについて

シェアリング・エコノミー、AI、オムニチャネル‥・デジタルによって訪れている変化が、イノベーティブなサービスを次々と生み出し、既存企業の事業の在り方そのものに影響を与えています。収益を上げる機会が「売ること」から「利用し続けてもらうこと」にシフトしつつある中で、価値ある事業を生み出していくには、産業構造の変化を俯瞰的に理解し、「顧客との関係性をリデザインしていく」ことが欠かせません。このコラムでは、メーカー、流通が直面する「変化」を紐解きながら、時代に即した顧客とのかかわり方を見つけ、事業をデザインするための視点を整理します。