コラム

熱狂を創りだすリレーコラム 「Advertising Week Asia 2016」開催記念

avatar

Advertising Week Asia 2016

博報堂 長谷部守彦
D2C 宝珠山 卓志
博報堂ケトル 嶋浩一郎
松田康利事務所 松田康利
ぐるなび 藤田 明久
Taro & Company 児玉太郎
TBWA\HAKUHODO 佐藤雄三
電通 頼 英夫
ツナグ 佐藤 尚之
イグナイト 笠松良彦


このコラムについて

広告業界の人たちが、広告を見る温度感と一般社会のそれの間には、実は大きな溝があるのではないか?社会が見ている、広告業界、アドパーソン、広告そのものに対する、ちょっとした違和感に真正面から向き合い、広告業界人の視点ではなく、消費者の視点で、広告業界の疑問、問題に鋭く突っ込みます。

広告人は実は、知らず知らずのうちにエリート化して一般的な消費者の感覚からずれてしまってはいないか?そんな立場に立って、真摯な姿勢で、広告業界の問題、タブーに切り込みます。

もちろん、伝える、伝わる、しかも楽しく!が広告・コミュニケーションの魅力。タブーに切り込むのも、底抜けに明るく。一人一人の切り込み方、そして「やっぱり広告人って面白いね」と思われるようなエッセーを目指します。

広告系の求人情報 宣伝会議キャリアナビ
マーケティング資料ダウンロードサービス
マーケティング・コミュニケーションパートナー一覧