コラム

クリエイティブシティ アムステルダムから送る「越境のススメ」 

世界でいま最も熱いクリエイティブシティ、アムステルダム

share

私はなぜアムステルダムを仕事の拠点に選んだのか

私たちがアムステルダムにオフィスを開設した理由にもなるのですが、上述した通り、いまアムステルダムほどクリエイティブシーンが活気に溢れている都市は世界中探してもないかもしれません。

オランダは今でこそ小国と言われていますが、かつては世界の海をまたにかけて活躍した時代もあります。東インド会社、シーボルト、出島などオランダに関係するこれらのワードを歴史の教科書で目にした人も多いのではないでしょうか。アメリカのニューヨークがかつてはニューアムステルダムと言われ、オランダ人が開拓した都市だということを知っている人も多いかもしれません。

現在は人口80万人のアムステルダムですが2016年には、近年スタートアップの活躍が著しいパリ、電子国家として話題のエストニアの首都タリンをおさえ、ヨーロッパのイノベーションキャピタルを決めるコンペティションで「iCapital」という称号を与えられました。

アムステルダムのクリエイティブ産業にはおよそ20万人が従事しており、これはヨーロッパの都市では、ロンドン(人口878万人)、パリ(人口224万人)、ミラノ(人口133万人)に次いで4番目の多さです。そのうち、広告業界で働いている人は2万人。ロンドンが2.5万人と言われていますので、その多さがお分かりいただけるのではないでしょうか。

現在Wieden+Kennedy、180、72andSunny、Havas Lemzなどの有名プロダクションはもちろん、グローバルに展開するクライアント企業も多くはアムステルダムにヨーロッパ拠点を置いています。

なぜこうしたことになっているのでしょうか?

次ページ 「多くの企業がアムステルダムにヘッドクオーターを置く3つの理由」へ続く

Follow Us