コラム

48歳のピボット・ターン 〜広告会社のCDが、テックベンチャーに入ったら〜

なぜ、48歳で転職したのか

share

ピボット・ターン

今回コラムを書くことになり、題名をつけないといけない。Connecting the dots.にしようかと思ったが、僕自身のパーソナルなdotsにフォーカスしても読者の方にはつまらないので、今回の転職体験自体にフォーカスしたいと思った。なんだろう?自分の転職のイメージを言葉で表すとしたら、「ピボット・ターン」がふさわしいと思った。

ピボット・ターンとは、バスケットボールやダンスなどでの、片足を軸にした回転だ。軸を変えずに、向きだけを変える。転じて「ピボットする」は、最近、企業経営、特にベンチャー企業が事業の方向性を修正する時によく言われる。うん、クリエイティブという軸を変えずに、所属する会社を変えた自分にふさわしい。また、テックベンチャーに転職する話にふさわしい気もする。

広告業界には40代・50代でキャリアに悩んでいる人も密かに多いと聞く。折しも電通は、社員が個人事業主化になる新制度を開始した。読者の皆さんが今まで培ってきたもの、歩んできた道は、真っ直ぐな一本道ではなく、どこかでピボットターンするものかもしれない。というか、広告業界で積み上げてきたものがあるからこそ、違う方向へターンできると確信している。そんな同世代や、自分のキャリアを長い目で考えている若い人にも読んで欲しくて、タイトルを『48歳のピボット・ターン』とすることにした。新卒以来はじめての転職と、転職したての半年間。目に見える新鮮な風景を、報告する気持ちでコラムをつづって行こうと思う。

このコラムがあなたの小さなdotsになることを願って。

Follow Us