コラム

これからのマーケティングはクロスカルチャーだ! ―日本人マーケターが世界で価値を伝えるには?

外資系広告代理店マンを経て、職なし、コネなし、カネなしのシドニーで起業

share

初めての大型キャンペーンの受注 メディア購入でクレジットカードを限度まで使い果たす

そんな状況が2年近く続き、はじめて数千万円規模のキャンペーンを受注できたのはオーストラリアにおける訪日プロモーション事業でした。ただ、プロモーションを運営するためにはキャンペーンの核となる大手紙メディアの枠10数ページを先に購入する必要がある。

広告ビジネスでは仕事を終えて納品しないことにはまとまったお金は入ってこず、また当時の私はその大手メディア会社と過去に取引がなく、信用もないため、必ず前払いをしなければなりませんでした。

資金をどうやって集めたらいいのか知恵を絞って出たアイデアは、まず自分と妻の預金を切り崩し、当時持っていた個人のクレジットカード3枚の全ての枠を使って1,000万円以上の資金をかき集めるということでした。

どうにか資金を集めて契約締結と前払いを終えた時、大手メディアの担当者に「40年ここで仕事をしてきたけど、メディアを個人のクレジットカード、しかも現金と組み合わせて買ったのはお前だけだ」と笑われました。

その担当者とは今でも公私ともに付き合いがあり、先日彼の引退を祝うべくランチを一緒にした際に当時を振り返り、いかに彼が社内の経理担当に掛け合ってくれ実現に至ったかと言う裏話も聞きながら今では笑い話として話せるほどの仲になっています。

このキャンペーンの成功をきっかけとして、少しずつ信用と実績を積み上げていくことで、会社は今年で12年目を迎え、まだまだ小規模ながらも約15名の正社員を雇用するまでになりました。

一昨年の創立10周年パーティーには、日系クライアントの担当者、オーストラリアのパートナーをあわせて約150名の人々に集まってもらい、「Better together(一緒の方がうまくいく)」というテーマで、オーストラリアの食材を使った日本食、日本語・英語での落語、日本の緑茶とそれに合うオーストラリア産のナッツを組み合わせたギフトを提供しました。

パーティーという場ではありますが、日本とオーストラリアの人と物、文化が交流する場所となり、創業当時の志を少しは体現することができたかな、と感じています。

ローカルパートナーやクライアントを招きdoq本社を構える桟橋で10周年記念パーティー。

doqでは特にローカルパートナー企業やフリーランスとの信頼関係を大事にしている。

 

次ページ 「人種のるつぼのオーストラリアで問われた「お前は何ものなのか?」」へ続く

Follow Us