コラム

コピーライター養成講座 講師・卒業生が語る ある若手広告人の日常

みんなでつくる企画術。

share

林潤一郎(オレンジ・アンド・パートナーズ/2005年宣伝会議コピーライター養成講座総合コース、2006年同上級コース、同専門コース〔山本高史クラス〕修了)

全ページ最高賞狙いとか、随分と大きなことを言ってのけた僕の自信は、いったいどこから湧いてくるのでしょうか。それは、いつ何時でも、元気玉をつくることのできる環境のおかげです。

スマドラ5周年を記念して作成中のショートフィルム

脚本:小山薫堂、監督&撮影:世界遺産チーム。スマドラ5周年を記念して作成中のショートフィルムの撮影風景です(今秋公開)。

TOKYO SMART DRIVER1

梅雨の時期の交通事故を減らすために子ども達にメッセージ付きの傘を配布。道行く大人たちに交通安全をPRしました。

TOKYO SMART DRIVER3

車の楽しさを身体で表現する着ぐる「ま」。10月20日、お台場で行われるモータースポーツジャパンでコレクションを開催します。

TOKYO SMART DRIVER4

昨年末、紅白歌合戦とコラボレーションした新聞30段。僕の仕事はいつも、まわりの皆さんに分けてもらった”元気”で成り立っています。
※クリックすると拡大画像が表示されます。

いまの会社での代表的な仕事のひとつに、「TOKYO SMART DRIVER」という市民主体型の交通安全プロジェクトがあります。悪い運転をした人を叱るのではなく、良い運転をした人を褒めよう。とか、思いやりを増やして交通事故を減らそう。というユニークなコンセプトで交通事故の削減に取り組んでいます。今年8月には5周年を迎え、全国に10万人以上の賛同者と130以上の賛同企業、28の地域に派生団体が生まれるまでに成長しました。

「交通安全に休み無し!」と、365日、企画と実行を繰り返しているわけですが・・・正直、かなりタイヘンです。それこそ企画というものは書類を仕上げるだけでは意味が無くて、ちゃんと形になって、課題を解決して、はじめて「Good Idea!!」と呼ばれるわけです。これはプランナーのジレンマだと思うのですが、過去に類を見ない画期的なアイデアを企画書にしたためたまではいいものの、一体全体、どうやって形にすればいいんだ!? なんてことがよくあります。それがたとえ、最高賞を受賞するようなコピーでしあげた企画書であっても。

ここで役に立つのが「みんなでつくる企画術」です。みなさん、ドラゴンボールという漫画に出てくる必殺技“元気玉”はご存知ですよね? 地球上のありとあらゆる生き物から少しずつ元気を分けてもらって、巨大なエネルギーの塊を作るアレです。クラウドファンディング的なアレです。誤解を恐れずに言えば、コピーライターをやるような(志望するような)人は “一匹オオカミ”的な仕事の進め方を好む傾向が強いと思います。実際僕も、喫茶店の隅っこに陣取ってちくちくノートにキャッチフレーズを書くタイプの人間ですし、ブレストで自分以外の誰かから面白いアイデアが出ると嬉しいどころか悔しいと思うタイプの人間です(笑)。でもプランナーとして良い仕事をするには、そんな小さなことを言っていてはダメ。素直な気持ちで元気玉を作らなければいけません。

里帰り

新聞広告と合わせて作成したキャンペーンバナー。エモーショナルな表現で帰郷するドライバーの共感を狙いました。

例えば高速道路を舞台にしたショートフィルムをつくって、賛同者を増やそうという企画をします。台本も用意できたとしましょう。さて問題。誰に何を説明して、どうやって撮影をすれば、あなたの企画書通りの作品ができるでしょうか? 経験を積んだ方なら(知ってらぁ)と思うかもしれませんが、普通に仕事をしてきた20代、30代の若手なら(マズい。言ったはいいけど何もできねぇ)と、冷や汗をかくのが普通だと思います。

尊敬できる人を見つけましょう。一度仕事が動き出したら、信じて託しましょう。ひとりでは1しか生み出せない仕事が、10にも100にもなります。色々な人から知恵を、情熱を、もらいましょう。摩擦を恐れずに、みんなと一緒につくることが何よりも大切だと思います。つい先日、実際にショートフィルムの企画を実施するにあたって、色々な障壁を乗り越えながら撮影をスタートすることができました。人に助けてもらえなければ、いまこうしてコラムを書くこともなく、部屋で体育座りをしていたことでしょう。

つまり今回のコラムで何が言いたかったのかと言うと・・・。企画は元気玉だ! ということです。僕も昔は勘違いしていました。クリエイターと呼ばれる人は、己のアイデアや技術で局面を打開するスーパーヒーローみたいな職業だと(遠い目)。32歳にして実感しています。高みを目指すためには、みんなに“元気”を分けてもらわなければならないということを。

書けば書くほど「書いた本人が実践できてなきゃダメだよね」という自分の中から湧き出るプレッシャーに押しつぶされそうになりますが、いよいよ来週で最終回です。〆切直前まで何を書こうか悩んでみようと思います。あと1回、どうぞお付き合いくださいませ。

林潤一郎
オレンジ・アンド・パートナーズ プランナー/コピーライター/ディレクター。1980年生まれ。東洋大学社会学部卒業後、広告営業を経てリクルートメディアコミュニケーションズ入社。ディレクターとして様々な企業の求人広告を制作し、2007年東京コピーライターズクラブ新人賞を受賞。2010年より現職。主な仕事に首都高『TOKYO SMART DRIVER』、WDLC『SUPER ROOKIES』のキャンペーン企画、クリエイティブディレクションなど。その他、社内のコピーライティング業務全般。宣伝会議コピーライター養成講座2005年総合コース、2006年上級コース、専門コース(山本高史クラス)修了。

【バックナンバー】

コピーライター養成講座卒業生が語る ある若手広告人の日常

もっと読む

2012年9月 林潤一郎(4) 「ものがたり屋。」はこちら

『コピーライター養成講座』
講師は一流のコピーライターが直接指導 プロを育てる実践型カリキュラム
いまでも多くの有名クリエイターを輩出している本講座。幾度かの改変を経て、内容を一新。コピーやCMといった、広告クリエイティブだけでなく、インタラクティブ領域のコミュニケーション、マーケティングやメディアクリエイティブなど、さまざまな視点からコミュニケーションを構築する能力を養い、次世代のクリエイターを育てます。

詳細はこちら

Follow Us